TOYOTA L&F
お問い合せ・資料請求
  • 営業所一覧
  • サイトマップ
  • Q&A

採用情報

 

就活の際、目を引いたのはやはり「トヨタ」というブランド。もともと機械いじりや車は大好きでしたが、フォークリフトはピンと来ていませんでした。でも、機械には変わりないし、柔軟に対応できるだろうと、入社しました。入社後の研修で基礎から習い、自動車構造の基礎と同じだと気付きました。それに先輩たちが熱心に指導・サポートしてくださるし、資格取得の支援や研修などの教育制度も整っています。機械いじりが好きで、日々の勉強を怠らない向上心がある人はエンジニア向きだと思います。産業車両を全く知らなくても不安を感じることはありません。私自身もそうでしたから。こうして、営業所に持ち込まれるフォークリフトの年次点検などを行うショップエンジニアを経験した後、上司の勧めもあり、フィールドエンジニアになりました。 現在の担当は100軒程度。絶対にトラブルが許されない現場や、油もれや工具の不注意な取り扱いが重大な事故につながる空港など、大口のお客様や特殊な現場があります。産業車両は稼働中に壊れることが多く、どういう状況でどんな作業中に壊れたのかを詳しく聞き、どんなケースでも一刻も早く直せるよう、サービスカーには積めるだけの工具を積んでいます。
さらに、フィールドはエンジニアの視点から商品やシステムのご提案をすることも大切な仕事です。機械相手では得られない、お客様の反応がダイレクトに返ってくるところが面白いですね。
「トヨタ」というブランドへの信頼、アフターサービスに定評のあるトヨタ&F福岡への信頼に加えて、私自身への信頼を今以上にいただけるように、サービスマネージャーを目指して日々がんばっています。

point1
1日であれば昼休み、1週間であれば土曜日、1年であれば盆・正月など、工場が稼働していないときに修理・点検を希望されるお客様もいる。そんな場合にも、振替休日、手当というサポート体制があるので安心。
point2
毎週水曜日には、販売とフィールドエンジニアでミーティングを実施。1社のお客様を1人の営業マン、1人のフィールドエンジニアの2人が対応しているため、それぞれが持つ情報を交換している。

▲ページトップへ

  • CSR宣言
  • CSR基本方針
  • 環境方針
  • Q&A
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

営業所一覧はこちら

お問い合わせ・資料請求

Copyright(C)2011 TOYOTA L&F All Rights Reserved.